ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

造幣局

造幣局で見た日本人気質

JJA(日本ジュエリー協会)主催、JC資格者を対象とした
造幣局特別見学会に参加しました。

 

造幣局は大阪が本局で、広島と埼玉に支局があります。
さいたま支局は、以前は東京豊島区の池袋にありましたが、
東日本の震災後、豊島区には防災用の大きな公園が無かったことから、
公園設置のため埼玉に移転したのだそうです。

移転したのが昨年10月ということで、まだ真新しい さいたま支局。
博物館と工場が別棟になっていて厳重なセキュリティーの中、
ガイドさんに引率されいろいろと見せていただきました。

 

見学概要は次の通り。

1. 造幣東京博物館(概要ビデオ、貨幣の製造方法、偽造防止対策、古銭、
世界のコイン等)
2. 貨幣工場見学(プルーフ貨幣製造工程)
3. 装金工場見学(勲章の製造工程)
4. 試験検定工場見学(試料採取、分析、打刻)
5. ホールマーク事業についてプレゼン&質疑応答

 

 

額面1,000円の記念硬貨は1,000円として使うことが出来ますが、
それを1,000円で買うことは出来ません。売価はおよそ6,000円強。
ですが暴利を貪っていると思うなかれ、通常硬貨とは原材料も異なり、
機械を使う工程ももちろんありますが、丁寧で緻密な手作業と
何段階もの人の目による検品を経て完成する硬貨の美しい輝きを見れば
それはれっきとした芸術品。むしろ安いくらいです。

 

偽造防止への飽くなき探求にも驚かされました。
500円硬貨に入った角度によって浮き出る文字や斜めギザといった
加工は、最高の技術を持ってこそなせる技なのです。

その技術は世界中から高い評価を得ていて、ニュージーランドを
はじめとする各国の記念銀貨はおろか、今や通常貨幣の製造まで請け負うほど。
バングラデシュの「2タカ」という硬貨はなんと日本製なのだそうです。

 

ちなみに造幣局は硬貨を作るところで、紙幣は作っていません。
お札を見ればちゃんと書いてありますが「国立印刷局」という
全く別の所で作っているのです。
そこもまた面白そうだなぁと思いますが…

何といっても硬貨や勲章を作る工程で目にする機械(勲章に七宝を焼き付ける電気窯、
バレル研磨機など)や、様々な道工具などはジュエリー制作と重なる部分も多く、
とても興味深かったです。

 

わたしは仕事柄既成ジュエリーの刻印部分をルーペで見る機会がとても多いため、
造幣局で打刻した日本のホールマーク(品位証明記号)は、海外のそれとは
比べ物にならないくらいきれいだということを、以前から身をもって
知っていました。なので今日は実際、職人さんが目の前でホールマークを
打刻するところを見ることが出来て、とても感動しました。
発注指示書に従って1個1個几帳面に打刻するその安定した正確さ、
熟練の技は日本の誇りとさえ思えたほどです。

 

時間が押して博物館は所々端折りながらの見学だったのが少し残念でした。
ガイドさん無しの見学なら誰でもいつでも出来る(工場は平日のみ)そうなので
今度またゆっくり見に行きたいです。

 

工場と勲章は撮影NG、工場以外にあった精密機械なども
大っぴらに公開しないでくださいとのことでしたので、
あまり写真がありません。
なので、いただいた資料とお土産に買って来た「造幣ラムネ」の
写真を載せておきますね♪

 

あ そうそう、造幣局内で「ミント」という言葉をそこらじゅうで目にしたので
質疑応答の時「ミントって何ですか?」と質問したら、
ズバリ「MINT=造幣局」(英語)でした^^;

へ~そうなんだ~!!
ほかの参加者の皆さん知ってたのかな??

いろいろお勉強になって、すご~く楽しい見学会でした。