ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

ブログ

3月の誕生石サンゴ

昨日に引き続き、3月のもう一つの誕生石 サンゴ 珊瑚。

 

サンゴは鉱物宝石ではなく、有機質宝石です。
宝石として珍重されるサンゴは “貴重サンゴ” として分類され、
南の海に浮かぶ白いサンゴ礁とは全く別のものです。

貴重サンゴはイソギンチャクやクラゲに似たコーラル・ポリプに
よって作られます。したがって、誤解している人が多いのですが、
サンゴは植物ではなく動物(腔腸動物)なのです。

ポリプはたくさん集まりコロニーを形成するため、
石灰質を分泌してそれぞれを支える足場を築きます。
この足場こそが、あの樹枝状のサンゴとなるわけです。

 

宝石としてのサンゴは色によって評価が異なります。
最も珍重されるのはオックス・ブラッドです。
日本では血赤(ちあか)と呼ばれているムラのない
濃い赤色のサンゴのことです。

サンゴは日本でも古来から使われていて、それぞれの色に独特な
呼び名が付けられていますが、特に中間的な色合いに対しては
“ぼけ” という用語が使われ、淡いピンク色は「本ぼけ」と
呼ばれ珍重されています。

ヨーロッパではエンジェルスキン(天使の肌)と呼ばれる
ピンク色も好まれるようです。

本ボケ=エンジェルスキン
と言えるかどうかは諸説あり、わたしの今の知識では断言できません。
もう少し勉強して、解明したら発言しようと思います。

 

サンゴには「むし孔」と言われる小さな穴が見られることが
しばしばあります。これはサンゴ特有の自然なものなので
あまり気にする必要はありませんが、ジュエリーに加工する際は
埃が入って汚れたりするのを防ぐため、最近では樹脂状の物質や
サンゴの小片で充填されることが多くなりました。

また、血赤に見せかけるため人工着色を施してある場合が
あるので、高価なサンゴジュエリーを購入する際は
充分お気を付けください。

 

パワーストーン的な意味合いからすると、サンゴは生命力を高めると
言われています。また嵐を鎮める力があり、安全に航海ができるよう
旅のお守りとして用いられていたようです。
またサンゴ自体の構造が骨格の形成によるものなので、
骨に良い影響があるとされ、子供の成長を促すお守りとしても
用いられています。

わたくし事ですが、股関節の手術をしてリハビリに励んでいる母へ
快復を願ってサンゴ素材を使ったジュエリーを作ってあげようかな~
…と画策中です^^

 

数年前に沖縄旅行をした時、さんご畑という施設を見学しました。
海洋汚染や乱獲などにより減ってしまったサンゴを蘇らせようと、
陸上の小さな海でサンゴを養殖し、育ったら海に移植する活動を
しています。サンゴ達が大切に育てられている様子を間近に見る
ことができて、とてもサンゴを愛おしく思えました。

ここで育つサンゴはジュエリーになるものとは違うと思いますが、
サンゴを通じて自然を守ることの大切さを感じることができました。
沖縄へ行く機会があったら、ぜひさんご畑を訪れてみてください^^

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

3月の誕生石アクアマリン

KAORUです。
あっという間に3月も終わり…
またこのタイミングで誕生石のお話をします^^;

 

3月の誕生石はアクアマリン。

アクアマリンが象徴するものは沈着、勇敢、聡明 です。
なるほど澄み切ったブルーはスーッと気持ちを落ち着かせ、
頭をクリアにしてくれそうですね。

 

アクアマリンは明るい透明感のある青が人気の宝石ですが、
実は薄暗い照明の下ではさらに高い輝きを見せるため、
昔から「夜の宝石の女王」と呼ばれていて、
夜会服のためのジュエリーとして珍重されているのです。
爽やかなイメージからするとちょっと意外ですよね?

 

余談ですが…昔、水商売をしていたお友だちが勤めていたお店の名前が
「アクアマリン」だったことを、石の勉強をしていて突然思い出し、
妙に納得してしまいました。夜の女王…(笑)

 

というわけで、照明が暗めのお店でデートをする際のジュエリーに
アクアマリン、おすすめです。さらにイヤリングやチョーカーなど、
顔に近い位置につけるアイテムなら、その輝きが瞳に映り込み、
より美しく、より妖艶な雰囲気を演出できるかもしれません。

 

そんなアクアマリンも産出した時には大抵 緑色味あるいは褐色味が
含まれています。なのでこれらの余分な色味を取り除くために加熱による
人的処理が行われ、澄んだ海水青色に調整されるのが普通なのです。

 

このように一般的に淡い色合いのアクアマリンですが、一部の産地で
かなり濃く、鮮やかな色のものが産出されています。
「サンタマリア・アフリカーナ」という名前の石がそれです。

通常のアクアマリンとサンタマリア・アフリカーナの色の違い、
ネットなどで検索して、ぜひ見比べてみてください!

 

明日の3月最終日は、もう一つの誕生石 サンゴについてお話します。

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

ブローチのトラウマで知ったコーディネートの大切さ。

KAORUです。
卒業式、入学式シーズンですね。

そんな機会にも重宝するアイテムがブローチですが、
他のジュエリーアイテムに比べ、利用する人が少ない印象があります。
どんなものを選べばよいのかわからない、買ってもつけ方がわからない。
そんな理由からでしょうか?

そもそも(ブローチに限らず)ジュエリーというのは、
うまく取り入れれば、実は体型など自分が欠点だと思っている部分を
カバーすることの出来る、頼れる味方でもあるんです。

そんなバランスコーディネートの観点からブローチを考えてみましょう。

 

まず、どんなものを選べばよいか。

自分自身をどう見せたいかによって変わって来ます。

スッキリ見せたいのであれば、流れのあるデザインや縦長の
フォルムを選ぶのがいいでしょう。
アクティブでシャープなイメージを演出することも出来ます。

華奢な人がボリューム感を演出したいと思うこともあるでしょう。
そんな場合は、例えば丸や四角などの左右対称形で面の大きな
ものを選べばボリューム感が出ます。
その中でも丸い形のものであれば優しい印象もプラスされます。
安定感が出るので、会社などで立場が上位の人が落ち着いた雰囲気を
演出したい場合などにも効果的かもしれません。

 

ショップで購入する際大切なことは、面倒がらずに試着をすることです。
全身の映る鏡でバランスをチェックした後、もう一度バストアップで
イメージが自分と合っているか、しっかり確認しましょう。

 

次に、つける位置
印象と効果別に見てみましょう。

 

①背を高く見せたい…

わたしもそうですが、身長の低い人はスラッとした印象に憧れるもの。
そんな人は、鎖骨に近いところにつけましょう。

見る人の視線を上に持ってくることにより、実際より背を高く
感じさせることが出来ます。

 

②背を低く見せたい…

わたしから見れば羨ましい高身長!ですが、それはそれで
コンプレックスに思っている人もいらっしゃいます。
そういう人は少し低めのバストトップに近い位置につけましょう。

こうすると見る人の視線を下げるため、実際の見た目ほど背の高さを
感じさせない効果があります。

 

写真で比較してみましょう。

 

わかりやすいように、ジャケットの襟につけてみました。
つける位置によって印象が随分違うことがおわかりいただけるかと思います。

 

また、左右どちらにつけるのが正しいかということに関しては 諸説あり、
これが正解というものは無いと思っていただいていいでしょう。

ブローチの留め金具の安全性を考慮すると利き手ではない方に
つけることをおすすめします。
ショルダーバッグを持つのであればバッグを掛けない方に
つけるのがいいでしょう。
ブローチのデザインなどにもよると思うので、ケースバイケースで
バランスをよく見て決めるのが一番だと思います。

 

余談ですが…

わたしが就職した頃、初任給で母親にブローチをプレゼントしたことがあります。
老舗デパートで奮発して買いました。直径5cm位のまん丸い円形で、
黒いビーズか螺鈿か何かのブローチだったと思います。
キラキラと細やかに輝くデザインにわたしが一目惚れして買ったものです。

ところが、いざ母につけてあげると…
・・・ムムム・・・似合わない~~~!!!???

丸顔&ポッチャリ体型の母には丸形のブローチは完全NGでした!
当時は丸顔の近くに丸いアイテムを持って来ることが、
こんなにも丸顔を強調してしまうとは想像もしていなくて、、、
この時は本当にショックでしたね。
お互い口には出しませんでしたが、きっと同じ思いだったと思います^^;;
(ごめんね、お母さん…)

このエピソードは、わたしがまだジュエリーのお仕事を始める
ず~っと前のことで、ジュエリーはいくらデザインが素敵でも、
つける人に似合っていなければ台無し…ということを
身をもって感じた瞬間でした。

 

ということで、バランスコーディネートは成功すると好印象!
失敗すると恐ろしい結果を招きます。というお話でした。

ブローチ、上手につけてくださいね~~♪
あ、肌に直接つけないので金属アレルギーの人にもオススメですよ~(^0^)ノ

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

3・3(ミミ)飾りのお話

KAORUです。
今日は3月3日、桃の節句 ひな祭り~♪

ですが「耳の日」にちなんでイヤリングに関するお話を^^

 

耳につけるジュエリーにはご存知の通りイヤリングとピアスがあります。
(最近はイヤカフなるアイテムもありますが)

実は耳に着けるジュエリーは全て「イヤリング」というのが正式名称とされています。

耳飾り=イヤリング
という解釈なんですね。

 

耳飾りは19世紀まで全てピアス方式でした。
その後ネジタイプやクリップタイプのイヤリングが開発され
それが一般的になり、しばらくピアスホールを開けない時代が続きました。
そして19世紀後半にまたピアスが復活し、現在に至ります。

イヤリング人口とピアス人口がどれくらいの割合なのか、
とても気になるところです。(…わたしだけ?)

 

ちなみにわたしは穴を開けないイヤリング派です。
ピアスにはとても憧れていますが、皮膚が弱くアレルギーもあるので
叶わぬ夢となっています(涙)

さり気なくつけられるピアスに対し、イヤリングは仰々しい印象を
持っているため、敬遠しがちな人も少なくないと思います。

 

しかし、フランスでは「イヤリングをつけないことは下着をつけないのと
同じくらい恥ずかしいこと」なのだと、かつて何かで読んだことがあります。
そこまで言うか!?って感じですが、これもオシャレなお国柄なんでしょうかね?
まぁ、それが一般的に言われていることかどうかも確証がありませんが…。

 

そんなこと書いてたら、さり気なくつけられるイヤリングが作りたく
なってきました~(笑)

というわけで、イヤリングに関する小ネタでした~^^

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

2月の誕生石アメシスト、その透明感とキラキラカットのワケ

今日で2月も終わり。
一番春が待ち遠しく感じる時期ではないでしょうか?

 

最終日に何ですが…^^;
2月の誕生石といえば「アメシスト」

(アメジスト ←これ正しくありません、シは濁らないのが正解)

宝石に詳しくない人でも多分一度は目にしたことがあるであろう、
透明感のあるあの紫色の石です。
日本では昔から紫が高貴な色とされていたためか、未だに根強い人気があります。

アメシストが誕生石として象徴するものは「誠実」「心の平和」です。

 

アメシストというのは宝石名で、鉱物的には「天然クォーツ」と言います。

天然クォーツには「めのう」という石もあります。
めのうはカメオの素材に使われるあの石です。
(誕生石ではありません)

透明感のある「アメシスト」
透明感を感じない「めのう」

どちらも美しい石ですが、同じ天然クォーツなのに
どうしてこんなに見かけが違うのでしょう?

 

その理由は…
アメシストは、一つの結晶が目に見える大きさまで成長した “単結晶” であること。
めのうは、目に見えないほど小さな結晶が集まった “多結晶” であること。

この違いが透明感の有無に影響を与えているのです。

単結晶の石はキラキラした “ファセットカット” (ブリリアントカットなどの
切子面を多く持たせたカット)が適しています。
逆に多結晶の石はファセットカットには向きません。
その多くが “カボションカット” (ドーム型に研磨するカット)を施されたり、
ストーンカメオ(細かなレリーフ彫刻)の素材として使用されています。

わたしが前々から疑問に思っていた、ファセットカットのめのうや
カボションカットのアメシストをあまり見かけないのは、そういうワケだったのです。

 

カットというのはその石の持つ性質を生かし、美しさを最大限に発揮出来るよう
昔からちゃ~んと考えられていたんですね^^

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

始まりはアレ。そして姿を消す謎の時代へ。

KAORUです。
ハンドメイドアイテムの制作・販売、手作りジュエリー教室の講師、
そして宝飾品を扱う企業でお仕事をしている関係もあり、
少しずつ、本当に少しずつではありますが、ジュエリーに関する知識が
増えて来ました。
その知識は意外に日常生活の中で度々役に立つことがあります。

ある時これを自分だけでなく、必要としている方々のお役に立てることは
できないかしら?…ふとそんなことを思い立ち、
そうだ、ジュエリーに関する様々なTipsをブログで発信していこう!と
一念発起しました。(いや、そんなに大それたことではありませんが…^^;)

わたしが知り得た知識・情報から、ジュエリーに関するちょっとしたヒント・
秘訣・コツ・小技・小ネタなどを、マイペースではありますが、
楽しくお届けできたらなと思っています♪

ジュエリーに関することと一口に言っても
コーディネート、マナー、アイテム、デザイン、製造法、
ストーン、貴金属素材、由来や歴史…

と、ちょっと考えただけでも多岐に亘ります。
面白いネタもあればつまらないネタもあるかと思いますが
興味を持たれましたら気楽に読んでいただけるとウレシイです♪

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

前置きが長くなりました。
初回なのでジュエリーの始まりの話を一つ。

 

日本のジュエリー史上最初に登場したのは、なんと縄文人による “入れ墨” と、
歯にギザギザを施す “鋸歯加工” というものでした。

身を飾るために何を素材にしたらいいのかもわからなかった時代に
自分の身体そのものを素材にして飾り立てたというのです。
これをジュエリーと呼ぶにはいささか抵抗がありますが、
この装身こそがジュエリーの始まりとなっているのです。
驚きですね!

 

その後、石・粘土・貝・動物の牙や骨・植物
弥生時代になると青銅などが素材に使われるようになります。

アイテムでいうと、耳飾り・腕輪・くし・首飾り、なんとアンクレットまで
あったと言われています。今とさほど変わらないですね。

 

そもそも最初に人間が身を飾るようになった理由には諸説あります。

◆ 魔除け・お守りとしての装身
◆ 単なる遊び心による装身
◆ 人と違って見せるための装身
◆ 共通性のシンボルとしての装身

あるいはこれらの説が重なり合って発生したと考えられています。

このように縄文時代・弥生時代・古墳時代まで日本は他の民族と
さほど変わらない歴史を辿って来ました。

 

ところが、古墳時代と飛鳥・奈良時代との境目で、なぜか突然装身具は
姿を消してしまいます。
以後1200~1300年の間、明治の初め頃の洋風の服装と装身具が必要になるまで、
いわゆるジュエリーというものは存在しなかったと言われています。

その理由についても諸説あるのですが、どれも説得性に欠けるというのが実情です。

(くし、かんざしの類を除く)ジュエリーの無い、奇妙な時代が実に1000年以上も
続いたなどという事態は日本だけの出来事で、これはとても特殊なことだと
言われているのです。

 

以上、ちょっとミステリアスな香り漂う日本のジュエリー起源と歴史について
お話してみました。(何の役にも立ちませんがお許しを~…^^;)

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

年明けのごあいさつ…今ごろ

2017年が明けて半月経ってしまいました。
今更ながらご挨拶を…

昨年はサロン内、サロン外でアートクレイシルバー、チェインメイルジェリー、
手作りハワイアンジュエリーの単発講座を何本かやらせていただきました。
作っていて心が弾み、完成した作品を見て笑顔が輝く…
いずれもそんな和める講座だったな~と振り返っています^^

イベント出展もさせていただきました。
年内活動の締めとしては、エコプロ2016に環境クラフト指導員として
純銀アート協会のワークショップ講師を担当し、締め括りとさせていただきました。

 

そして暮れも押し迫った頃、突然体調を崩すというアクシデントに見舞われました。
発熱のため4日間寝込み、辛うじて大晦日の夕方に復活を果たすというギリギリの年越し。
明けて2日、親姉妹家族が集まる新年会には無事参加することができました。

暮れに遂に大台に乗ったわたしゆえ、

調子が良くない時だってあるよね~
寄る年波には逆らえないものよね~

…と、のんきに構えています。
あまりカリカリと神経質になるのも良くないですからね^^

そんな年末年始でしたが、ありがたいことにオーダーをいただいていまして、
制作や納品といったことにも勤しんでいました。
(一部まだお届けが済んでいない作品もあります)

 

体調管理をしていても調子を崩しがち…
制作に没頭しているとブログに手を付けられない…

そんなヘタレで不器用なわたしですが、今年もムリをせず
できる範囲でがんばれたらいいな…と思っています。

折角ご注文いただいたジュエリーは、健やかで穏やかでハッピーな
気持ちの時に作ってお届けしたい! というのがわたしのモットーなので、
もしかしたらご迷惑をおかけすることもあるかもしれませんが、
ご理解をいただき温かく受け止めていただけたら幸いです。

今年もLinoのハンドメイドジュエリーであなたの笑顔をキラキラに♪

どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

 

 

最強のお守り 手作りハワジュ

暮れも押し迫って来ましたが、寒さも物ともせずサロンを訪れてくださったTさま。
今回も手作りハワイアンジュエリーの体験です。

素敵な手編みのセーターにコーディネートしてくださっているのは
前回お作りいただいたバーモチーフのハワジュです。

お守りにしたいということなので、モチーフはホエールテールを
お選びいただきました。
前回はボタニカルなテイストに仕上げましたが、今回はクジラなので、
生き物繋がりでデザインにホヌ(ウミガメ)を入れてみたらいかがですか?と
ご提案したところ「それいいですね!!」と、ホヌを堂々と主役にレイアウト。

ホヌが主役なのでパワーストーンはさり気なく…アクアマリンにしました。
プルメリアの中にほんのりと色づくブルーのアクアマリンが
まるでホヌを優しく見守っているようです。
アクアマリンは怒りなどの悪感情を洗い流して、対人関係に潤いをもたらすと
いわれています。

世界にたった一つの手作りハワジュ、完成しました!
クジラの強運とホヌのラッキーを味方に、そしてアクアマリンで
いつも気持ちを優しく穏やかに…
明るくアグレッシブなTさまの最強のお守りとして、胸元を飾ってくれることでしょう。

 

 

年の瀬にエコを考えるイベント!

昨年、エコプロダクツ2015に講師として参加しましたが、
今年も環境クラフト指導員としてお手伝いをさせていただくことになりました。

タイトルがちょっとだけ変わり
【エコプロ2016】環境とエネルギーの未来展
として開催です。

わたしがお手伝いするのは純銀アート協会のブースで、
クラフトから始める新しい環境学習をご提案します。

簡単に言いますと…自然の葉っぱを使った銀粘土ワークショップです♪

実は銀粘土って100%リサイクルから生まれた、 とってもエコな素材なんですよ。
そのエコな素材を使って作るとってもナチュラルな純銀モチーフ。。。
手作りならではの温かみと驚きを感じていただけること間違いなし!
ぜひ遊びにいらしてくださいね!!

2-201412051120260624

エコプロ2016 開催日程:12月8日(木)、9日(金)、10日(土)
KAORUがお手伝いする日程:9日(金)14:00~18:00
エコプロ入場料:無料
銀粘土ワークショップ参加費:1,000円(材料費込)
会場:東京ビッグサイト 東5ホール
ブース:NPO・NGOコーナーの N-26

ご予約不要です。お気軽にお立ちよりください♪

詳細は ⇒ こちら

 

ディスプレイの大切さを痛感したハンドメイドメイカーズ出展

makers_320x100

ハンドメイドメイカーズに出展しました。
ファッションから生活雑貨~フードまで、あらゆるハンドメイドに特化した
イベントです。今回チェインメイルジュエリーでお世話になっている
楽習フォーラムのブース枠に出展させていただきました。

当ブースはオリジナル商品を扱う “ハワイアンジュエリーLino” と、
チェインメイルジュエリー(キット教材完成品)販売と
ワークショップを開催する “あーとくれいくらぶ・りの” の
ミックス業態だったため、”LinoLinoKao” という名称でやらせていただきました。

(ミックス業態といってもやっているのはKAORU一人だけです。
このややこしい業態を何とかしたいなと常々思ってはいるのですが…(^-^;))

hmm_13

今まで販売やワークショップでいくつかのイベントに出展しましたが、
単独での出展は初めての経験だったので、準備にとても苦労しました。
特にブースの設営。ディスプレイ什器をほとんど所有していなかったため
商品の魅力を引き出す展示がちゃんと出来なかったというのが
最大の反省点です。

hmm_06
チェインメイルジュエリーコーナー
もっと立体感のあるディスプレイが出来たら作品がより生きますね~…

hmm_07
オリジナル商品コーナー
もっと独自の世界観を演出したかった…

反省から入りましたが、イベント当日はとても楽しめました!
気温も低く午前中は雨…そのわりにハンドメイド好きな お客さまで
賑わう会場…
売場に立ってお客さまの反応をリアルタイムに感じられるという機会は
普段あまり無いことなので、多くの気付きがありました。

hmm_08
制作しているとお客さまが興味を持ってくださいます^^

hmm_09
チェインメイルジュエリーは本物がわかるお年頃の
奥さま方にとても人気!!

今回受注制作という形を取らせていただき、
これらの完成見本品を展示しました。
hmm_03

hmm_01

hmm_04

hmm_02
(全て楽習フォーラム教材キット使用、デザイン ゲネス多絵先生)

アートクレイやチェインメイルなどで作った
Linoオリジナル商品
hmm_05

チェインメイルを応用した今回のイチオシ商品
“チェインメイルペンダント付き ご祝儀袋” は
大変ご好評をいただきました!!
hmm_14
デザイン原案:ゲネス多絵先生
アレンジ&制作:KAORU

こちらはとても反響が大きかったため、増産して近日
minne linolinokao’s GALLERYで販売いたします♪

出展関係者の中には知り合いの方も何人かいらっしゃって、
わたしもアートクレイから始まり、ハンドメイドジュエリーに
携わるようになってから、結構な時間が経っているんだなぁと
改めて思いました。少しは成長出来ているでしょうか?
自分を見つめ直すきっかけになりましたし、いろいろなブースを
拝見させていただきとても勉強になりました。
良い機会を与えていただき楽習フォーラムさんには感謝いたします。
ありがとうございました。
両隣ブースのアートクレイシルバー講師 福本先生
ソウタシエ講師 多田先生、お世話になりました。

また何かに出展する時には今回の経験をもとに、より良い商品を
より良い形で、一人でも多くのお客さまにお見せ出来ることを
目標に精進したいと思います。