ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

3月の誕生石アクアマリン

3月の誕生石アクアマリン

KAORUです。
あっという間に3月も終わり…
またこのタイミングで誕生石のお話をします^^;

 

3月の誕生石はアクアマリン。

アクアマリンが象徴するものは沈着、勇敢、聡明 です。
なるほど澄み切ったブルーはスーッと気持ちを落ち着かせ、
頭をクリアにしてくれそうですね。

 

アクアマリンは明るい透明感のある青が人気の宝石ですが、
実は薄暗い照明の下ではさらに高い輝きを見せるため、
昔から「夜の宝石の女王」と呼ばれていて、
夜会服のためのジュエリーとして珍重されているのです。
爽やかなイメージからするとちょっと意外ですよね?

 

余談ですが…昔、水商売をしていたお友だちが勤めていたお店の名前が
「アクアマリン」だったことを、石の勉強をしていて突然思い出し、
妙に納得してしまいました。夜の女王…(笑)

 

というわけで、照明が暗めのお店でデートをする際のジュエリーに
アクアマリン、おすすめです。さらにイヤリングやチョーカーなど、
顔に近い位置につけるアイテムなら、その輝きが瞳に映り込み、
より美しく、より妖艶な雰囲気を演出できるかもしれません。

 

そんなアクアマリンも産出した時には大抵 緑色味あるいは褐色味が
含まれています。なのでこれらの余分な色味を取り除くために加熱による
人的処理が行われ、澄んだ海水青色に調整されるのが普通なのです。

 

このように一般的に淡い色合いのアクアマリンですが、一部の産地で
かなり濃く、鮮やかな色のものが産出されています。
「サンタマリア・アフリカーナ」という名前の石がそれです。

通常のアクアマリンとサンタマリア・アフリカーナの色の違い、
ネットなどで検索して、ぜひ見比べてみてください!

 

明日の3月最終日は、もう一つの誕生石 サンゴについてお話します。

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です