ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

知識

造幣局で見た日本人気質

JJA(日本ジュエリー協会)主催、JC資格者を対象とした
造幣局特別見学会に参加しました。

 

造幣局は大阪が本局で、広島と埼玉に支局があります。
さいたま支局は、以前は東京豊島区の池袋にありましたが、
東日本の震災後、豊島区には防災用の大きな公園が無かったことから、
公園設置のため埼玉に移転したのだそうです。

移転したのが昨年10月ということで、まだ真新しい さいたま支局。
博物館と工場が別棟になっていて厳重なセキュリティーの中、
ガイドさんに引率されいろいろと見せていただきました。

 

見学概要は次の通り。

1. 造幣東京博物館(概要ビデオ、貨幣の製造方法、偽造防止対策、古銭、
世界のコイン等)
2. 貨幣工場見学(プルーフ貨幣製造工程)
3. 装金工場見学(勲章の製造工程)
4. 試験検定工場見学(試料採取、分析、打刻)
5. ホールマーク事業についてプレゼン&質疑応答

 

 

額面1,000円の記念硬貨は1,000円として使うことが出来ますが、
それを1,000円で買うことは出来ません。売価はおよそ6,000円強。
ですが暴利を貪っていると思うなかれ、通常硬貨とは原材料も異なり、
機械を使う工程ももちろんありますが、丁寧で緻密な手作業と
何段階もの人の目による検品を経て完成する硬貨の美しい輝きを見れば
それはれっきとした芸術品。むしろ安いくらいです。

 

偽造防止への飽くなき探求にも驚かされました。
500円硬貨に入った角度によって浮き出る文字や斜めギザといった
加工は、最高の技術を持ってこそなせる技なのです。

その技術は世界中から高い評価を得ていて、ニュージーランドを
はじめとする各国の記念銀貨はおろか、今や通常貨幣の製造まで請け負うほど。
バングラデシュの「2タカ」という硬貨はなんと日本製なのだそうです。

 

ちなみに造幣局は硬貨を作るところで、紙幣は作っていません。
お札を見ればちゃんと書いてありますが「国立印刷局」という
全く別の所で作っているのです。
そこもまた面白そうだなぁと思いますが…

何といっても硬貨や勲章を作る工程で目にする機械(勲章に七宝を焼き付ける電気窯、
バレル研磨機など)や、様々な道工具などはジュエリー制作と重なる部分も多く、
とても興味深かったです。

 

わたしは仕事柄既成ジュエリーの刻印部分をルーペで見る機会がとても多いため、
造幣局で打刻した日本のホールマーク(品位証明記号)は、海外のそれとは
比べ物にならないくらいきれいだということを、以前から身をもって
知っていました。なので今日は実際、職人さんが目の前でホールマークを
打刻するところを見ることが出来て、とても感動しました。
発注指示書に従って1個1個几帳面に打刻するその安定した正確さ、
熟練の技は日本の誇りとさえ思えたほどです。

 

時間が押して博物館は所々端折りながらの見学だったのが少し残念でした。
ガイドさん無しの見学なら誰でもいつでも出来る(工場は平日のみ)そうなので
今度またゆっくり見に行きたいです。

 

工場と勲章は撮影NG、工場以外にあった精密機械なども
大っぴらに公開しないでくださいとのことでしたので、
あまり写真がありません。
なので、いただいた資料とお土産に買って来た「造幣ラムネ」の
写真を載せておきますね♪

 

あ そうそう、造幣局内で「ミント」という言葉をそこらじゅうで目にしたので
質疑応答の時「ミントって何ですか?」と質問したら、
ズバリ「MINT=造幣局」(英語)でした^^;

へ~そうなんだ~!!
ほかの参加者の皆さん知ってたのかな??

いろいろお勉強になって、すご~く楽しい見学会でした。

 

 

ホワイトデーお薦めの一品

今日はお雛祭りですね。
女の子のいるご家庭では、華やかなお祝いを楽しまれることでしょう♪

さて、一昨日のブログでモチーフの選び方をアドバイスさせていただきましたが、
「やっぱり迷う。ズバリ!お薦めは??」
という声をいただきましたので、具体的にご紹介をいたしますね。

ホワイトデーにぴったり!
ハワイアンジュエリーLino イチオシのモチーフは…
ズバリ、これ!
↓ ↓ ↓

プルメリア

モチーフ:プルメリア(ラグーンの中から)
パワーストーン:ローズクォーツ

プルメリアは手にすると必ず幸せになれるという伝説のある花です。
白、黄、ピンク、赤などいろいろな種類のプルメリアが咲いていて、
甘く心地良い香りが漂うハワイでは、女性が髪に刺している光景も
絵になりますよね。
彼氏がいない人は右側、いる人は左側に刺すといった風習もあるのだとか…
このように、プルメリアはハワイの人々の間で身近に感じられ、
親しまれており、女性の守り神としてとても大切にされているのです。

そしてローズクォーツ。
これは別名紅水晶とも呼ばれる、淡いピンク色の石で
「真実の愛」「愛の告白」「平和」といった意味合いがあります。
また女性としての魅力を惹き出すパワーを持つことも知られていて、
美容器具などに使われていたりもします。

この写真のモチーフは、中央のプルメリア柄の中心部分にローズクォーツ、
そして周囲には「大切な人との絆」を意味する「マイレリーフ」(葉っぱの柄)
をあしらっており、ホワイトデーにはうってつけの一品といえるでしょう。

ちなみにこのパターンでオーダーいただきますと、
純銀製モチーフ代金(パワーストーン込み)8500円
フォックステールシルバーチェーン(太いタイプ)1000円
合計9500円(送料、振込手数料別)となります。

「よし、じゃあコレに決めた!」という方、
Linoのジュエリーは全て1点モノですので、ご注文はお急ぎくださいませ。
欠品で新たにお作りする場合、1週間ほどお時間をいただくことになりますので
ご了承ください。

それでも決められない!!という方には、ギフト券がオススメです。
受け取るお相手に、モチーフ選びから体験まで、
思う存分悩み、そして楽しんでもらいましょう。
(女性はこういうことで悩むのが大好きなんです^^)

2013_WDギフト券と詳細

詳細はこちら
ハッピーホワイトデーフェア ⇒

<< 2013.10.31 メモリーズの手法を用いたオーダーサービスは終了いたしました >>

オーダーモチーフの選び方

3月です。
春はすぐそこまで来ています♪

男性のみなさん、ホワイトデーの準備はお済みですか?
ハワイアンジュエリーLinoではハッピーホワイトデーフェア好評開催中です。
ハッピーホワイトデーフェア ⇒

「奥さんのためにハワイアンジュエリーをオーダーしたいんだけど、
これだけ種類があると迷ってしまって…」

こんなご相談をいただきました。ありがとうございます!
このお客様へは、Linoからアドバイスさせていただきました。
他のお客様への参考になればと、ここにご紹介させていただきますね。

<< プレゼントする際のモチーフ(形)の選び方 >>

シンプルなファッションがお好みの方へ贈るのでしたら、
プチラグーンライトラグーンの中からお選びいただくのがお薦めです。

プチラグーンコース

ライトラグーンコース

どなたにもマッチするモチーフですので、好みがよくわからない…
という場合でも、安心してお選びいただけます。
また、オプションでパワーストーンをお入れすることも出来ます。
パワーストーンには様々な意味合いがあり、願いをこめたりすることも
できますので、ぜひご相談ください。
パワーストーンの意味合い ⇒

★★★★★★★★★★★★

ハワイやハワイアンジュエリーがお好きな方へ贈るのでしたら、
断然ラグーンの中からお選びいただくことをお薦めいたします。

ラグーンコース

ハワイで神聖とされるモチーフ、馴染みの深いモチーフ10種類と、
アルファベット26種類の中からお相手にぴったりのモチーフを、
一緒に選ばせていただきます。
(現在 “フラガール” は “プルメリア” に変更となっております)

パワーストーン付きですので、気品溢れる贈り物として
きっとお喜びいただけることと思います。

★★★★★★★★★★★★

いかがでしょう? お役に立ちましたか?
オーダー前に、ご納得いただけるまでご相談に乗りますので、
遠慮なくお問い合わせくださいませ!!

あれこれ悩まずにサクッと決めたい方のために、
便利なギフト券のご用意もございます^^

2013_WDギフト券

詳細はこちら
ハッピーホワイトデーフェア ⇒

<< 2013.10.31 メモリーズの手法を用いたオーダーサービスは終了いたしました >>

今がチャンス!

あなたの大好きな人に、愛情をたっぷりこめた手作りハワイアンジュエリーを贈りませんか?

きっと感動してあなたのことをもっともっと大好きになってしまうハズ!!

今開催中のバレンタインフェアで、あなた自身もたっぷり楽しめますよ~^^☆

⇒ バレンタインフェア

 

今日はこんなハワイのことわざをひとつ・・

I hole ‘ia no ka i‘e i ke kau o ka la.

読み : イ・ホレ・イア・ノ・カ・イエ・イ・ケ・カウ・オ・カ・ラ
訳 : 日が高いうちにタパ叩きを彫れ
意味 : チャンスを逃がすな

 

タパ

 

ちなみにタパとは、オセアニアのポリネシア、メラネシア、ミクロネシアで
伝統的に作られる、樹皮でできた布のことです。(画像)
タパ叩きとは、タパを作るための道具のことを指すのでしょう。
きっと精巧な彫刻が施されているのではないかと想像します。
(あくまでも想像です。違ってたらゴメンナサイ)
「明るいうちに彫っちゃいなさいよ」
要するに「タイミングを逃すなよ!!」という意味なんですね~^^

あなたの笑顔が今日もキラキラ輝きますように・・☆

ハワイアンジュエリーとは・・・

他のジュエリーとは一線を画すハワイアンジュエリー。
その意味合いこそが多くの人々を惹きつける所以といえるでしょう。

~~~~~~~~~~~~~~~
ハワイアンジュエリーとは… ハワイの自然をモチーフにした伝統的なジュエリーです。  そのハワイアンジュエリーの起源は17世紀のイギリスまでさかのぼります。 ヴィクトリア女王の夫であるアルバート王子の死をきっかけとして、 派手な貴金属や装飾品の着用が皇室では禁止となりました。 そして、黒いジュエリーの着用のみが許されたのです。

当時のハワイは、イギリスと親密な関係にあり、特に親交の深かったリリウオカラニ女王 (当時はリリウ・カマカエハ大酋長)も喪に服すため、ゴールドのブレスレットに永遠なる思い、 ハワイの言葉で「ホオマナオ’マウ」と彫り、黒いエナメルを入れました。

また、リリウオカラニ女王は、女学校の校長であり、イギリス人の恩師でもある、 ゾーイ’アトキンソン氏に、自身の作【アロハ’オエ】(あなたに愛を)をブレスレットに彫り込み、 『ハワイアン・ブレスレット』として感謝の気持ちを込めて贈りました。

後にハワイでは、リリウオカラニ女王が『ハワイアン・ブレスレット』を贈った事から ハワイアンジュエリーとして広まるようになり、アロハスピリットを永遠の思い出に 残せるジュエリーとして 各家々で代々受け継がれるような存在になっていきました。

ハワイアンジュエリーの正式名は「ハワイアン・エアルーム・ジュエリー」=代々伝わる家宝と呼ばれています。 女王・リリウオカラニが英国の喪中用の宝石に、インスパイアを受けて作らせたことがルーツですが、 その後、ハワイでは親から子や、恋人同士でハワイアン・ジュエリーを贈る風習が 出来ました。

大好きな人への贈り物、卒業記念、誕生日記念など、 お祝い事や愛情表現としてこの ハワイアンジュエリーを贈るのが習わしとなり、思い出を残す贈り物として 永遠に愛され続けています。 デザインは、ハワイで神聖とされているものや、ハワイを代表する花々、 ウミガメなどの動物等の形がモチーフとされます。

風土や伝統文化、人との絆を大切に想うハワイの人の心が、その輝きに込められています。

参考:Memories Waikiki公式ホームページより
~~~~~~~~~~

この伝統的なジュエリーを、あなたの手で作り上げる喜びをぜひ味わってください!

※ハワイアンジュエリーLinoはメモリーズワイキキ本校の認定校です。
メモリーズJr.としてライセンスを保有しております。