ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

歴史・由来

第15回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト

第15回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト
お陰様で入選となり、10月4日~8日まで東京芸術劇場で開催された
作品展に展示していただきました。

 

今回はジュエリーコーディネーターの勉強をしている最中のエントリーでした。
勉強するうち、わたしは宝石の王様であるダイヤモンドが
とても気になる存在になっていきました。

ダイヤ自身が持つ性質、人知の結晶ともいうべき加工技術、光が
一体となって初めて生み出される不変の美しさ。
そして発見から現在に至るまでの興味深い歴史、中でも日本における歴史で
ダイヤとわたしの間に縁を感じる出来事を知り、ダイヤをテーマにした
作品を作りたいと思うようになったのです。

 

縁を感じる出来事とは…
わたしが生まれた昭和41年、日本でのジュエリーの発展に大きく影響を
及ぼす二つのことが起きました。

一つ目
戦時中、政府が国民から格安で強制的に買い上げたダイヤモンドが
この年国民に向けて放出されました。
百貨店や宝石店には売り出し前夜から大行列ができました。
中でも275個という大阪で最高数を売る心斎橋筋の大丸では、
当日の深夜0時10分に定員275人に達し、早々と「打ち切り」の貼紙が
出されたのだとか。
明治・大正生まれのジュエリーになじんだ経験を持つ人々は、
ジュエリーといえばダイヤか真珠の首飾りか指輪でした。
この時の接収ダイヤは国選の鑑定人によって鑑別され、ビニール袋に
密封された形での販売だったそうです。きっと今見れば
カットは古くカラーも平均以下のものであったでしょう。
それでも構わず「さぁどうぞ」と放出された接収ダイヤに群がる人々の様子…
とにかくジュエリーや宝石であれば何でもいいから欲しいの!!
と渇望状態だった、当時の人々の熱狂ぶりがよくわかる出来事だと思います。

二つ目
世界のダイヤモンド業界を牛耳るデビアス社がこの年日本に上陸し、
ダイヤモンド・プロモーション・サービス(DPS)と
ダイヤモンド・インフォメーション・センター(DIC)を設立したのです。
それから20年ほどかけて、婚約指輪にダイヤモンドを贈る習慣が
じわじわと根付いていきました。
「給料の3か月分」という、あのプロモーションですね。

 

そういったエピソードを知り、とても興味深い背景に感心を持ち、
自分とダイヤの間に勝手に縁を感じ、作品にしたいと
思ったわけですが、実際ダイヤモンドを材料として使うのは
現実的に厳しい…かといって合成石で代用するのも違うな…と。
こうなったら何とか「石」というものを使わずにダイヤを表現できないものか…?
と無茶なことを考えていたところ・・・・・ふと閃きました!「ダイヤ形」
トランプのダイヤってダイヤモンドを表してますよね??(一応調べました)

 

もう一つの拘りとして、素材は銀粘土がメインなのは当たり前ですが、
チェインメイルの技術も盛り込みたいな~という考えがずっとあり
(前回のコンテストもチェインメイルを取り入れました)
ダイヤ形のコマを銀粘土で作り、チェインメイルでそれを繋ぎ合わせて
みたらどうだろう? というプランがまとまり、そこからは早かったです。

コマを繋ぐのにヴァーテブレイという編み技法を応用して、
ブレスレット、イヤリング、指輪の3点構成にしました。

 

タイトルは「ダイヤの化石」
前作の「氷の化石」に引き続いて化石シリーズ(なのか?)

同じ形をひたすらリンクさせることでダイヤモンドの歴史、
長い長い年月を表現しました。
発見され発掘された化石ってことで黒のビジュー丸カンを使い、、、
そのお陰で華やかな作品が並ぶ展示室内では、比較的地味目な佇まいでしたが、
これ、実際つけると「結構カッコイイじゃん♪」と自負しています。

 

代用品でなく、正真正銘のダイヤモンドが表現できて本人的には満足。
(若干トンチっぽいですけど^^;)
紀元前4世紀から現在、そして未来にまで永遠にその美しさで人々を
魅了してくれて “ありがとう” というダイヤモンドに対するリスペクトの
気持ちを込めて作った作品なのでした。

 

わたしをいつも応援し、支えてくださっているお客さま、お友だち、家族…
わざわざ会場まで見に来てくださって本当にありがとうござました。

 

 

ダイヤモンドが宝石の王様になったわけ

4月の誕生石はダイヤモンドです。
ダイヤが象徴するものは “清浄無垢” です。

ダイヤは今でこそ宝石の王様として君臨していますが、
宝石を扱う歴史の中でこのような地位を占めるようになったのは
たかだか百数十年足らずのことなのです。

ダイヤは原石のままではあまり光らず、ガラス玉と大差がありません。
なので昔は、色や模様の美しいエメラルド、ルビー、サファイアや
めのうの方が、宝石の中でもずっと優位を占めていたというのは
とても意外なことです。

 

ダイヤが宝石の王様になった理由の一つに、
“カット方法の発見” があります。

ダイヤが地球上で一番硬い物質であることはよく知られた話ですが、
一番硬いものを一体どうやってカットするのでしょうか?

それにはダイヤの性質である “劈開(へきかい)” が大きく関わって来ます。
劈開とは、原子の並び方、結びつき方によって
石に割れやすい方向が生じることです。
(劈開を持たない石もあります)

スライスした食パンを手で半分に割こうとすると、
きれいに割ける方向と割けない方向がありますよね?
それと似ています。

ダイヤは正八面体の面に対して平行に割れやすい劈開を持っているのです。

なので、ダイヤの原石と同じ硬さを持つダイヤの “粉” を使えば、
硬いダイヤでも劈開を利用し、カット、研磨を施すことが可能になるわけです。

 

ダイヤのカットの歴史は次のようになります。

テーブル・カット
(ダイヤの結晶の中で一番軟らかい方向を研磨したスタイル)

ロゼンジ・カット
(二番目に軟らかい方向を研磨したスタイル)

ローズ・カット
(小さな切子面(ファセット)をたくさんつけたスタイル)

このような軌跡を辿り、17世紀末には今日のラウンド・ブリリアント・カットの
原型となる ブリリアント・カットが考案されました。

その後、ラウンド・ブリリアント・カットが考案され今に至ります。

ラウンド・ブリリアント・カットはキラキラとした輝きが特徴ですが、
ローズ・カットはギラッとした輝きが特徴で、照明が薄暗い方がより光ります。
わたし個人的にはローズ・カットにとても心惹かれるものがあります。
いつか手にしたい…^^

話がそれましたが、ダイヤの魅力的な輝きを最大限引き出す
ラウンド・ブリリアント・カットのおかげでダイヤは宝石の王様の座に
輝くことになったというわけです。…納得です。

 

最も硬いダイヤなので「どんなことをしても壊れない」と思っている
人もいるようですが、それは大きな間違いです。
お話した通り、劈開があるので弱い方向に力が加われば傷もつきますし、
簡単に欠けてしまうこともあります。

保管時には他のものとは別に収納し、不用意にぶつけたり落としたり
しないよう、取り扱いには気を付けましょう。

また、ダイヤには水を弾き油になじむ “親油性” という性質があるので、
ホコリ交じりの油膜が吸着して輝きが鈍ることがあります。
このような場合は、中性洗剤をぬるま湯で溶いて、柔らかなハケや
絵筆などで優しく洗うとよいでしょう。洗浄後は熱めのお湯で洗い流し、
しっかりと乾燥させることが大切です。
ケアの前には必ず流しの排水栓を閉じておきましょう。(←これ一番大事!)

超音波洗浄はとても効果的ですが、もともと内部にフェザー(亀裂)
がある場合は、振動によって割れる可能性があります。
爪留めの不完全な石は脱落しやすいということもあるので、
できれば自分でやらずに専門店に相談することをおすすめします。

 

宝石の王様 ダイヤモンド、大切に取り扱ってください。
そして、ジュエリーは使ってナンボ。
ぜひ日常的につけてその輝きを楽しんでくださいね☆

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

3・3(ミミ)飾りのお話

KAORUです。
今日は3月3日、桃の節句 ひな祭り~♪

ですが「耳の日」にちなんでイヤリングに関するお話を^^

 

耳につけるジュエリーにはご存知の通りイヤリングとピアスがあります。
(最近はイヤカフなるアイテムもありますが)

実は耳に着けるジュエリーは全て「イヤリング」というのが正式名称とされています。

耳飾り=イヤリング
という解釈なんですね。

 

耳飾りは19世紀まで全てピアス方式でした。
その後ネジタイプやクリップタイプのイヤリングが開発され
それが一般的になり、しばらくピアスホールを開けない時代が続きました。
そして19世紀後半にまたピアスが復活し、現在に至ります。

イヤリング人口とピアス人口がどれくらいの割合なのか、
とても気になるところです。(…わたしだけ?)

 

ちなみにわたしは穴を開けないイヤリング派です。
ピアスにはとても憧れていますが、皮膚が弱くアレルギーもあるので
叶わぬ夢となっています(涙)

さり気なくつけられるピアスに対し、イヤリングは仰々しい印象を
持っているため、敬遠しがちな人も少なくないと思います。

 

しかし、フランスでは「イヤリングをつけないことは下着をつけないのと
同じくらい恥ずかしいこと」なのだと、かつて何かで読んだことがあります。
そこまで言うか!?って感じですが、これもオシャレなお国柄なんでしょうかね?
まぁ、それが一般的に言われていることかどうかも確証がありませんが…。

 

そんなこと書いてたら、さり気なくつけられるイヤリングが作りたく
なってきました~(笑)

というわけで、イヤリングに関する小ネタでした~^^

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト

始まりはアレ。そして姿を消す謎の時代へ。

KAORUです。
ハンドメイドアイテムの制作・販売、手作りジュエリー教室の講師、
そして宝飾品を扱う企業でお仕事をしている関係もあり、
少しずつ、本当に少しずつではありますが、ジュエリーに関する知識が
増えて来ました。
その知識は意外に日常生活の中で度々役に立つことがあります。

ある時これを自分だけでなく、必要としている方々のお役に立てることは
できないかしら?…ふとそんなことを思い立ち、
そうだ、ジュエリーに関する様々なTipsをブログで発信していこう!と
一念発起しました。(いや、そんなに大それたことではありませんが…^^;)

わたしが知り得た知識・情報から、ジュエリーに関するちょっとしたヒント・
秘訣・コツ・小技・小ネタなどを、マイペースではありますが、
楽しくお届けできたらなと思っています♪

ジュエリーに関することと一口に言っても
コーディネート、マナー、アイテム、デザイン、製造法、
ストーン、貴金属素材、由来や歴史…

と、ちょっと考えただけでも多岐に亘ります。
面白いネタもあればつまらないネタもあるかと思いますが
興味を持たれましたら気楽に読んでいただけるとウレシイです♪

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

前置きが長くなりました。
初回なのでジュエリーの始まりの話を一つ。

 

日本のジュエリー史上最初に登場したのは、なんと縄文人による “入れ墨” と、
歯にギザギザを施す “鋸歯加工” というものでした。

身を飾るために何を素材にしたらいいのかもわからなかった時代に
自分の身体そのものを素材にして飾り立てたというのです。
これをジュエリーと呼ぶにはいささか抵抗がありますが、
この装身こそがジュエリーの始まりとなっているのです。
驚きですね!

 

その後、石・粘土・貝・動物の牙や骨・植物
弥生時代になると青銅などが素材に使われるようになります。

アイテムでいうと、耳飾り・腕輪・くし・首飾り、なんとアンクレットまで
あったと言われています。今とさほど変わらないですね。

 

そもそも最初に人間が身を飾るようになった理由には諸説あります。

◆ 魔除け・お守りとしての装身
◆ 単なる遊び心による装身
◆ 人と違って見せるための装身
◆ 共通性のシンボルとしての装身

あるいはこれらの説が重なり合って発生したと考えられています。

このように縄文時代・弥生時代・古墳時代まで日本は他の民族と
さほど変わらない歴史を辿って来ました。

 

ところが、古墳時代と飛鳥・奈良時代との境目で、なぜか突然装身具は
姿を消してしまいます。
以後1200~1300年の間、明治の初め頃の洋風の服装と装身具が必要になるまで、
いわゆるジュエリーというものは存在しなかったと言われています。

その理由についても諸説あるのですが、どれも説得性に欠けるというのが実情です。

(くし、かんざしの類を除く)ジュエリーの無い、奇妙な時代が実に1000年以上も
続いたなどという事態は日本だけの出来事で、これはとても特殊なことだと
言われているのです。

 

以上、ちょっとミステリアスな香り漂う日本のジュエリー起源と歴史について
お話してみました。(何の役にも立ちませんがお許しを~…^^;)

 

参考:ジュエリーコーディネーター検定3級テキスト