ハワイアンジュエリーLino

東京足立、埼玉草加・川口から近い手作りハワイアンジュエリー体験教室。オリジナルシルバーアクセサリーのネット販売も!

TEL.050-3635-0883

埼玉県草加市(足立区寄り)

見沼代親水公園駅から徒歩6分

(都営 日暮里・舎人ライナー終点)

第15回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト

第15回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト
お陰様で入選となり、10月4日~8日まで東京芸術劇場で開催された
作品展に展示していただきました。

 

今回はジュエリーコーディネーターの勉強をしている最中のエントリーでした。
勉強するうち、わたしは宝石の王様であるダイヤモンドが
とても気になる存在になっていきました。

ダイヤ自身が持つ性質、人知の結晶ともいうべき加工技術、光が
一体となって初めて生み出される不変の美しさ。
そして発見から現在に至るまでの興味深い歴史、中でも日本における歴史で
ダイヤとわたしの間に縁を感じる出来事を知り、ダイヤをテーマにした
作品を作りたいと思うようになったのです。

 

縁を感じる出来事とは…
わたしが生まれた昭和41年、日本でのジュエリーの発展に大きく影響を
及ぼす二つのことが起きました。

一つ目
戦時中、政府が国民から格安で強制的に買い上げたダイヤモンドが
この年国民に向けて放出されました。
百貨店や宝石店には売り出し前夜から大行列ができました。
中でも275個という大阪で最高数を売る心斎橋筋の大丸では、
当日の深夜0時10分に定員275人に達し、早々と「打ち切り」の貼紙が
出されたのだとか。
明治・大正生まれのジュエリーになじんだ経験を持つ人々は、
ジュエリーといえばダイヤか真珠の首飾りか指輪でした。
この時の接収ダイヤは国選の鑑定人によって鑑別され、ビニール袋に
密封された形での販売だったそうです。きっと今見れば
カットは古くカラーも平均以下のものであったでしょう。
それでも構わず「さぁどうぞ」と放出された接収ダイヤに群がる人々の様子…
とにかくジュエリーや宝石であれば何でもいいから欲しいの!!
と渇望状態だった、当時の人々の熱狂ぶりがよくわかる出来事だと思います。

二つ目
世界のダイヤモンド業界を牛耳るデビアス社がこの年日本に上陸し、
ダイヤモンド・プロモーション・サービス(DPS)と
ダイヤモンド・インフォメーション・センター(DIC)を設立したのです。
それから20年ほどかけて、婚約指輪にダイヤモンドを贈る習慣が
じわじわと根付いていきました。
「給料の3か月分」という、あのプロモーションですね。

 

そういったエピソードを知り、とても興味深い背景に感心を持ち、
自分とダイヤの間に勝手に縁を感じ、作品にしたいと
思ったわけですが、実際ダイヤモンドを材料として使うのは
現実的に厳しい…かといって合成石で代用するのも違うな…と。
こうなったら何とか「石」というものを使わずにダイヤを表現できないものか…?
と無茶なことを考えていたところ・・・・・ふと閃きました!「ダイヤ形」
トランプのダイヤってダイヤモンドを表してますよね??(一応調べました)

 

もう一つの拘りとして、素材は銀粘土がメインなのは当たり前ですが、
チェインメイルの技術も盛り込みたいな~という考えがずっとあり
(前回のコンテストもチェインメイルを取り入れました)
ダイヤ形のコマを銀粘土で作り、チェインメイルでそれを繋ぎ合わせて
みたらどうだろう? というプランがまとまり、そこからは早かったです。

コマを繋ぐのにヴァーテブレイという編み技法を応用して、
ブレスレット、イヤリング、指輪の3点構成にしました。

 

タイトルは「ダイヤの化石」
前作の「氷の化石」に引き続いて化石シリーズ(なのか?)

同じ形をひたすらリンクさせることでダイヤモンドの歴史、
長い長い年月を表現しました。
発見され発掘された化石ってことで黒のビジュー丸カンを使い、、、
そのお陰で華やかな作品が並ぶ展示室内では、比較的地味目な佇まいでしたが、
これ、実際つけると「結構カッコイイじゃん♪」と自負しています。

 

代用品でなく、正真正銘のダイヤモンドが表現できて本人的には満足。
(若干トンチっぽいですけど^^;)
紀元前4世紀から現在、そして未来にまで永遠にその美しさで人々を
魅了してくれて “ありがとう” というダイヤモンドに対するリスペクトの
気持ちを込めて作った作品なのでした。

 

わたしをいつも応援し、支えてくださっているお客さま、お友だち、家族…
わざわざ会場まで見に来てくださって本当にありがとうござました。

 

 

ミヤマ珈琲 チェインメイルジュエリー講座 第二弾!

ミヤマ珈琲 コミュニティサークル(草加清門町店)
チェインメイルジュエリー講座 第二弾を開催しました。

今回のプログラムは “ヴァーテブレイのハッピーネックレス” というものです。
整然と並んだ丸カンとラバーリングが見ていて気持ちのいいアイテムです。
着けた時に緩~く弧を描き、まるでニッコリ笑った口元みたい♪
だからハッピーネックレスってネーミングしたのかな?…と
勝手に推測しています^^

21039_3

3色のカラーからお選びいただけます。

21037_2
キュートでポップな
ジェリーピンク

21038_2
スッキリ爽やかな
トゥルーターコイズ

21039_2
グッと大人っぽい
モノクロームシネマ

参加してくださったのは前回の “グリッドロッククラスター
のブレスレット
” の時にも来ていただいたT様です。

またご参加いただけるなんて本当に感激です!!

IMG_0675

丸カンを一つ一つ丁寧に
開いて、繋いで、閉じて…◎◎◎◎◎◎
これをひたすら繰り返し、無事完成しました。

IMG_0677

トゥルーターコイズのハッピーネックレスが
T様の胸元でハッピーに微笑んでいます♪

またもや「編み感覚」に優れたT様に随分と助けられた
今回の制作過程でしたが「かわいいのが出来上がってよかったわ~^^」と
喜んでいただけてよかったです。

前回のブレスレットは、いろんな習い事やご旅行に着けて
お出かけしてくださっていて、評判も上々だそうです。
T様の若々しさはこの積極的な行動力にあるのですね。。。
わたしも見習いたい!とつくづく思いました。
今回のネックレスも愛用していただけると嬉しいです。

T様、ミヤマ珈琲さん ありがとうございました。

miyama-logo

講座には楽習フォーラムの教材キットを使用しました
レシピ考案:ゲネス多絵
作品画像提供:楽習フォーラム

 

次回チェインメイルジュエリー講座は
9月23日(金)ミヤマ珈琲 練馬春日町店にて開催の予定です。
詳細はこちら ⇒

 

 

ミヤマ珈琲 チェインメイルジュエリー初講座

miyama-logo

ミヤマ珈琲コミュニティサークル 初講座、無事開催しました。

定員3名のところ2名のお申込みがあり、直前に1名キャンセルされたので、
マンツーマンの熱いレッスンとなりました。

小雨の中、自転車でお越しくださったのはT様。
T様は物作りがお好きで、プリザーブドフラワーやビーズジュエリーなど、
いろいろな習い事をされているそうです。
この日も自作のグラスコードを付けたメガネをはじめ、
素敵なアクセサリーを身に着けていらっしゃいました。

チェインメイルは初めてで、両手でペンチを使うと知りいきなりショックを
受けています。聞けば左手に思うように力が入らないとのこと。
確かに左のペンチで挟んだパーツを何度も下に落としてしまいます。
「この動作が基本なんでしょ?基本が出来なければ何も出来ないじゃない…」
嘆くT様ですが、心配は要りません。
不得手な箇所はわたしがお手伝いさせていただき、ムリの無い範囲で
しっかり手作り感を味わっていただきますので^^

その言葉にやる気を取り戻していただけたので、丸カンを開く作業
(かなりの数あります)全てと、モチーフを繋ぐ箇所はしっかりご自身で
お作りいただきました。
中でもわたしが感心したのはモチーフパーツ同士を繋ぎ合わせる “編み” の部分。
これはモチーフを正しく配置することがとても重要で、ここを間違えてしまうと
全然違う編みになってしまうので注意が必要です。

正しい配置を示して「このまま指で押さえて持ち上げて、
パーツ右下の丸カンのオモテからビーズの付いた丸カンを通して、
パーツの右上の丸カンのウラから出します」
(文章にするとワケがわかりませんが…^^;)

この動作、1回説明しただけですぐに理解して2個目からはご自分で
サクサク進めていらしたので、失礼ながら正直ちょっと驚いてしまいました。

あまり大きな声では言えませんが、わたしはこのレシピを初めて一人で作った時、
この “編み” の部分がなかなかうまくいかず苦戦しました。
ちゃんと編んだつもりなのに、確認するとどうしても向きが違っている…
何度も何度もやり直して泣きそうでした。
後からわかったことなのですが、これは向きが間違っていたわけではなく、
編んだ後パーツが回転してしまって、向きが変わったように配置されてしまっていた
だけなのでした。(これも文章だとおわかりいただけないかと思いますが…)
これ、チェインメイル経験者であれば多分「初心者あるある」じゃないかと思います。

そういった苦労があったものですから、T様の理解力には本当に感服してしまい
「T様、編み物お得意ですか?」と聞くと「編み物?やりますよ」と。
やっぱり…納得です。”編み感覚”(わたしが勝手に作ったコトバです)が優れているんですね。
編み物系が苦手なわたしからすると、編み物出来る人って本当にスゴイな!と
思ってしまうのです。

T様は握力が少し弱いだけで、ご自分がおっしゃるような「チェインメイルに
向かない人」では全くありませんのでご安心ください!!
そうこうしているうちに、グリッドロッククラスターのブレスレット、
75分でめでたく完成しました!!
ハワイアンミッドナイトカラー 青いビジューが涼しげでお似合いです★

T様「恥ずかしいから顔は写さないでね…」 なので作品だけ。

T様「恥ずかしいから顔は写さないでね…」
なので作品だけ。

「ほとんど手伝っていただいて、ご迷惑ばかり掛けてしまって…」と恐縮している
T様でしたが、「そんなことはありませんよ~、わたしはほんのちょっとお手伝い
しただけで、T様がんばってご自分で作ってたじゃないですか。
その証拠にこんなに素敵なブレスレットがちゃんと完成したじゃないですか~^^」と
正直な感想をお伝えすると、T様は腕を眺めて「そうね…思ってたほど
派手でもないし素敵よね。やっぱりやってみてよかったわ」と嬉しそうな笑顔を
見せてくださったので本当によかったです。

講座終了までにはまだ少し時間があったので、美味しいコーヒーをいただきながら
ホッと一息。お持ちしたジュエリーなどを見ていただきました。
お話しているうちに知ったのですが、T様はわたしの母と全く同じ年だったのです。
更に親近感が湧いていろいろなお話をしながら、時間いっぱい楽しい
ひと時を過ごしました。

「また講座をやっていただけるんだったら参加してもご迷惑じゃないかしら?」
とおっしゃっていただけたことがとても嬉しかったです。
ご迷惑だなんてとんでもありません!!

「講座」とはいえ、講師の方こそ受講者様から学ぶことはたくさんあります。
動作の中で痛みやツラさが起きるようなことがあるのであれば
あまりムリしてオススメはしませんが、多少の不得手部分はお手伝いで
カバーいたします。
一度ご参加いただけた方はまたお会い出来たら嬉しいですし、
未経験で受講にあたって多少不安なことがある方でも気になさらずに
お気軽にご参加いただけたらいいな、と思っています。

というわけで、初講座は無事終了。
この空間を提供してくださったミヤマ珈琲さんに感謝いたします。
そして来月、またチェインメイルジュエリー講座をやらせていただくことに
なりました♪
詳細はコチラをご覧ください ⇒

講座には楽習フォーラムの教材キットを使用しました
レシピ考案:ゲネス多絵

 

チェインメイルジュエリー講座 模擬レッスン開催!

あーとくれいくらぶ・りの からのお知らせです。
今週22日(金)ミヤマ珈琲コミュニティサークルにて、
チェインメイルジュエリーの講座を初開催させていただくことになりました。
会場店舗は草加清門町店です。

今回のプログラムは “グリッドロッククラスターのブレスレット” というものです。
ビジューが輝く素敵なジュエリーで、3色からお選びいただけます。

フローズンクリスタル

フローズンクリスタル

ハワイアンミッドナイト

ハワイアンミッドナイト

サハラゴールド

サハラゴールド

初めての方でも1時間ほどで完成してそのままお持ち帰りいただけます。
道工具は全てご用意いたしますので、手ぶらでお気軽にお越しいただければと
思います。ミヤマ珈琲さんの美味しいコーヒーをいただきながら、
涼しい店内で楽しく手作りしましょう。

お申し込みはミヤマ珈琲 草加清門町店 店頭かお電話で直接お願いいたします。
TEL 048-946-3781
講座概要、募集要項はこちらをクリック ⇒
ミヤマ珈琲 公式ホームページ ⇒

無事終了しました。開催のレポートはコチラをご覧ください ⇒

講座には楽習フォーラムの教材キットを使用します
レシピ考案:ゲネス多絵
作品画像提供:楽習フォーラム


初講座を前にしてエア講座を繰り返してきたわたくしですが、
一度くらいは受講者さまを前にして予行演習したいな…と思っていました。

そんな矢先、Linoをいつも応援してくださっているフリーアナウンサー兼
筋膜セラピストの木次真紀さんが、アナウンサーのお仕事仲間で且つ
ジュエリー作家としても活躍されている中川ちひろさんを連れて遊びに来て
くださることになりました。ジュエリー諸々に関する情報交換をしましょうよ~!
ということで♪

そこでわたしはお二人に、模擬講座をやらせていただけないかお願いしたところ
快くOKしてくださったので、お言葉に甘え本番さながらの予行演習をしたのでした!!

IMG_9712

ペンチの持ち方、丸カンの開閉の仕方からスタート!

 

IMG_9713

真紀さん、口数も減り没頭しています。
ハワジュを作りに来てくれた時も、黙々と磨きの鬼と化していたのを
思い出しました(笑)

 

IMG_9715

ちひろさんは主にビーズ刺繍系のジュエリー制作を行っていて、
チェインメイルは初めてとのこと。「これは頭を使うなぁ~」と
興味を持ってくださったご様子。完成後はご自身の腕にぴったり来る長さに
アレンジしていらっしゃいました。さすが!

 

IMG_9716

70分後、見事完成!素敵です~★

講座を振り返って、お二人からは受講者目線の細かなアドバイスをいただけました。
エア講座では気が付かなかったこともあり、とても貴重な模擬講座となりました。
この体験を本番に生かし、初講座に臨みたいと思います。
お二人とも本当にありがとうございました。

この後ゲリラ豪雨が…(朝はピーカンでした)
「洗濯物がぁ~…」と嘆くも今さらどうにもならないと腹を据え、
お持たせのスイーツをいただきながら、様々な情報交換に話は尽きません。

しかし…とっぷり日が暮れても雨は一向に止む気配がないため、
土砂降りの中お帰りいただくことになり申し訳なかったです^^;
懲りずにまた来てくださいね~♪

 

木次真紀さん、中川ちひろさんが出演している番組
ウィークリー千葉県 のWEB動画がご覧いただけます。
千葉県インターネット放送局 ⇒ こちらから

 

シルバーアクセサリーコンテスト

今夏行われたシルバーアクセサリーコンテストで、ありがたいことに
わたくしの作品が入選を果たしまして、本日はその入賞作品と入選作品が
展示されている
【第14回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展】
へ行って参りました。

gg_01

gg_02

世界中から出品された中から選ばれた345作品(国内289点、海外56点)
の中に混ざって、広い会場にちょこんと鎮座まします我が作品、
久々の再会とあってなんと懐かしく、なんと愛おしく思えたことか。
猛暑の中、汗ダクになりながら夢中になって作ったのが遠い昔のように思えて来ます…。

gg_03

会場内は撮影禁止でしたので…

氷の化石スクエア_GF320

これは図録用にプロに撮影していただいた作品画像です。

*** スペック ***
部門:コーディネート部門
テーマ:「My favorite…」
タイトル:「氷の化石」
アイテム:バングル、ピアス

大好きなスクエアカットのスワロフスキーを使って、氷のキーンとした
冷たさを表現しました。展示状態だとよくわかりませんが、実際着けると
バングルとチェーンブレスレットの二重着けに見えるアイテムです。

装着イメージや出品に至るまでの経緯などは過去のブログをご覧ください ⇒

工夫したのは、硬度の観点からバングル制作には不向きと言われる
銀粘土素材を使って、いかに実用に耐えるアイテムを作るかという点です。
アクセサリーというからには実用的でなくては…というのがわたしのこだわりです。
(あくまでも “わたしの” こだわりです!)
そのためバングル内部には極太の純銀線を埋め込んで強度を増し、
周りを銀粘土でたっぷりと肉付けしてあります。
かなりズッシリきますが、その分ちょっとやそっとの衝撃ではへこたれません。

そして、ゴツいだけではなくエレガントさも共存させたかったので、
チェインメイルという丸カンを編み繋げる技法を取り入れ、ブレスとピアスの
チェーン部分も手作りしました。
シンプルながらも、硬さと揺れ感で “クール+フェミニン” を表現したつもりです。

「氷を表現してあるのはわかるけど、ただ冷たいだけじゃない “温もり” をちゃんと感じるよ」と、
今日わざわざ来てくれた表現研究家の 木次真紀さん からいただいたお言葉…
心の底から嬉しかったです。いつも本当にありがとうございます!!

そして実はこの作品に携わってからチェインメイルを真剣に学びたいと
思う気持ちが芽生え、今現在勉強中です。
今後はアートクレイシルバーとチェインメイルを融合させ、
オリジナルを創り出せたら素敵だな…と考えています。
来年早々からの実現に向けて取り組んでいますので、
見守っていただければ幸いです。

作品展にすでに足をお運びいただいた方には熱く深く御礼申し上げます。
11月1日(日)まで、池袋の東京芸術劇場で開催中です。入場無料
お近くの方、お時間のある方はお立ち寄りいただければと思います。
魅力溢れるたくさんのシルバー作品は、必ずや目の保養になること間違いナシ!
芸術の秋に相応しい、手作りの温もりに包まれるひと時をぜひお楽しみください!

作品展詳細はこちら ⇒

 

ネット復旧と、僭越ながら…お知らせです!

各Facebookページでは告知していましたが、先月末から当サロンにおいて
ネット環境の不具合が生じており、ホームページの更新が出来ない状況が続き、
お客さまには大変ご不便をお掛けしたことをお詫び申し上げます。
本日無事復旧いたしましたので、お知らせいたします。

またご予約フォームやお問い合わせフォーム、共々ご利用いただければ幸いです。

********************

復旧早々、私事なお知らせで大変僭越ではございますが…
アートクレイシルバー主催のコンテストで【入選】をいたしました!

入選通知

入賞ではなく、入選です^^;

今回初エントリーで「まずは入選」を目標に掲げ挑んだコンテストなので、
わたし的には本当に嬉しい結果です。信じられないくらい…

2年に一度開催されるコンテストなので、前回のエントリー受付期間は、
ちょうど銀粘土技能認定者の資格を取るため、アートクレイ府中工房へ
足繁く通っていた最中です。
そして8月に資格を取得してすぐに、このコンテストの存在を知ったわけです。

もちろん展示会を観に行きました。
世界中から応募され選ばれた入賞・入選作品を拝見し、個人レベルでこんなにも
感動的な作品を生み出すことが出来る銀粘土の可能性に、震えが来るほど
気持ちが高ぶったことを今でも覚えています。

あれから2年、今まで培ったものを評価していただくつもりで出品しました。
入選に残してくださった審査員の先生方に深く感謝いたします。

作品は秋に展示会でお披露目しますので、その頃またお知らせいたしますね!

ちなみに出品したのはこれです(遠慮がちに載せてみます…)

2015_fossilofice_GF

バングルブレス
…重量感たっぷりのバングルとチェインメイル技法を取り入れたブレスレット。
2つ着けているように見えますが、これ一体型なんです。
ピアス
これまたチェインメイルで揺れ感を演出しています。
ちなみにチェインメイルとは、丸カンを編み繋げる技法のことです。

タイトルは『氷の化石』
暑い暑い最中、氷が発掘されたらさぞ気持ちいいだろうな…
と妄想混じりの発想から生まれた作品です。
ブルー系、スクエアカットのスワロフスキーとシルバーの冷たさで
“化石になった氷” なるものを表現してみました。
展示されるのは思いっきり「秋」なんですけどね…^^;

 

作品展を訪れた様子はこちらのブログをご覧ください ⇒

 

第14回 銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト作品展
会期:2015年10月28日(水)~11月1日(日)
会場:東京芸術劇場
入場無料